つづれ折りの坂道から

アクセスカウンタ

zoom RSS 土砂降りと雨水浸透桝(しんとうます)

<<   作成日時 : 2014/08/12 01:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「土砂降り」とは、本当によく言ったもので、昨日その洗礼を受けてしま
いました。この数年、温帯に属している筈の日本の気候が、どうも亜熱
帯的な様相を呈してきています。その典型が、雷雨でしょう。でも、もっ
と凄いのが、台風と梅雨前線の組み合わせで起きる、局地的な集中豪
雨ですね。

以前は、一時間の雨量が30〜40mm位で豪雨と言っていたのが、いま
では80〜90mmくらいはざらで、100〜120mmなどと言う極めて猛烈
な降り方が、各地で観測されるようになった来ました。
都市化が進むと、地面はアスファルトで覆われ、水の流れるさきは、下水
道しかありません。

従来なら地面に浸みこんでいた分まで、すべて下水に流れ込むのですから、
従来より排水能力の高い設備が必要されるのに加えて、更に、激しい気象
による降雨を受け入れるのですから、とても排水し切れない状況が現出す
ることになります。

そこで、最近になって、せめて宅地内に降った雨くらいは地面に浸みこませ
て、被害を防止しようとする動きが出てきました。
そのための有効なツールが、雨水浸透桝です。
雨水浸透桝の一般名称が、よく聞かれるようになってきました。

これは、「空から降ってきた雨水は大地へ浸透させて還元する。」ことで、
河川の急激な増水・氾濫に対して、地域全体で防いでいこうとする発想です
から、いくら一軒だけたくさん設置しても効果は薄いのですが、エリアとして
の「マス」が効いてくる設備です。

簡単に言えば、地面に少し差し込むような形で、四角や丸のマスを設置する
という簡単な仕掛けです。
自宅に庭のあるお宅なら、3〜5個設置するだけで済みます。
それだけで、あなたも地域に貢献できるのです。
是非、ご検討ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
土砂降りと雨水浸透桝(しんとうます) つづれ折りの坂道から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる