ホンダ ストリーム

ミニバンにスポーティな走りを!のコンセプトで、鮮烈なデビューを果た
したホンダ・ストリームですが、何と製造中止になるのだそうです。先日
発表されたインサイトの製造中止でもそうでしたが、ホンダは車の名前
に関しては、あまり頓着せずにポイ捨て状態が多いように感じます。

HR-V、モビリオ、SM-X、クロスロードなども廃盤の憂き目にあって
いますね。
デビュー時は革新的なイメージで登場しても、初代のマイナーチェンジの
時点で早くもスタイルに破綻をきたすことが多いのが、ホンダと言う会社
の悪い癖です。

それを購入した顧客への思いが全くないと言っても良いのではないでしょ
うか。特に今回製造中止になるストリームは、デビュー時はそのコンセプ
トの見事さに、舌を巻いた自動車評論家が多数いたものです。
もちろん、誌上でのことですが。

斬新なスタイルを作る能力が無い訳でもないのに、マイナーチェンジで駄
目になるケースを良く見かけますが、おそらくホンダがその筆頭でしょうね。
誠に勿体無いことです。
クロスロード(二代目)などは、もう少し、カクカクの度合いをラウンドシェイプ
にすれば、長持のするデザインで有った筈なのに、練りが足らないままリリ
ースしてしまったがために、飽きられるのがとても早かったのです。

N-BOXに代表される軽のNシリーズでは、執拗なまでにコンセプトを継承
し過ぎており、これは自社の製品同士で食い合いをする図式に陥っていま
す。某有名デザイナーが手を染めている仕事ですが、かつてのdocomoの
701シリーズを仕掛けたこの人物のコンセプトは、奥行きが浅いのです。
浅いがゆえに、パッと飛びつきますが、後が続かないのパターンです。
某学院大学のアニバーサリー事業でも、「エッ、コンセプトはこれだけ」と
当時その報酬額に対して、大変驚いたことがあります。

もっとも、NTTが発足するときの新マークのデザインコンペの一席作品は、
なんと当時では破格の400万円でした。それが、今も使われている丸の頂
点の内側に小さな丸が有る「ダイナマックループ」がそれです。
閑話休題

そんなまわりの話と併せると、ホンダのストリームもこういった使い捨て的な
風潮には逆らえなかったのだということが言えますね。
正直、今のホンダはデザイン不在です。日産のフーガ・新スカイライン・トヨタ
のクラウン特にアスリートの薄っぺらなデザインを見るにつけ、この国のデザ
イナーは力が無いなあと思います。

B&O社(バング&オルフセン)の製品群は、その優れたデザインと機能で、
MoMAに20機種近くもパーマネントコレクションに選ばれています。
その製品群と日本の製品のデザインを比べてみて下さい。
如何に、デザイン力に差があるかが分かると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック