見事な雄大積雲

「雄大積雲」平たく言えば、「かなとこ雲」です。今日は、上空に寒気が
入り込むので、関東の午後、あちらこちらで雷雨の恐れがあるでしょ
う…との予報より早く、午前中に黒雲がぐいぐいと接近してきて、その
下には、明らかに大粒の雨が降っているのが分かるほどはっきりと無
数の筋が、見て取れました。

果たして、その黒雲が頭上にさしかかると、雷鳴一閃、超特大の雨が
ボツボツと音を立てて降ってきました。
これは凄い降りになるぞと期待していたら、何と何時まで経っても大き
な雨粒ではあるものの、相変わらずボツリボツリのままです。

少しばかり当てが外れた感がありましたが、それでも気温が急激に降
下して、確かに寒気が降りてきていることを実感しました。

夕刻、電車の車窓から見る空は、完璧な黒と真っ青な空との競演がい
つまでも続きました。
そのコントラストの強さは、最近では珍しいほどでしたが、もっと強烈な
コントラストの空が、家の近くで待っていました。

それは本当に「見事!」、いえ「美事」な雄大積雲でした。
積乱雲がぐいぐいと上昇し、上り切った時にできるかなとこ雲の正式名
称であることは、最近のお天気番組の頻出で言葉では知っているでしょ
うが、今日ほどの見事な光景はそうはお目に懸れません。

やはり、日頃から「観天望気」を心がけていればこそのご褒美だと思いま
した。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック