ソチ五輪閉幕

ソチ五輪が閉幕しました。俗っぽい表現をすれば、「悲喜こもごも」の
一言なのでしょうが、個人的な見方で表現すれば、競技そのもののレ
ベルが半端でなく難度が高くなり過ぎだと感じました。

以前にエアリアルを見たときは、とんでもないことをするヤツがいるも
んだと、珍しいものを見るような感想を述べた事のある競技が、五輪
の正式科目になっているんですから、そのことの方が驚きです。

特にスノークロスは、格闘技のような感覚ですね。
これに比べれば、スケートのフィギュアなんて、普通に見えてしまいま
す。採点が絡む競技は、いやですね。贔屓の引き倒し・開催地の強
み・白色人種か有色人種かの差別など、どうしてもヨーロッパ系列の
国々の主張が前面に押し出されてしまい、政治色が拭いきれません。

結局、こういった我田引水的近視眼的発想が、宗教戦争の元になっ
ていると考えるのが、妥当だと思えてしまうところが悲しいですね。
「神のご加護を」という言葉の空しさは、「紙のご加護を」と間違えて
変換した日本語変換プログラムのウィットかなんて、悪い冗談のよう
です。

クーベルタン男爵の熱い思いが詰まったオリンピックが、ロサンゼルス
オリンピックで一挙に商業化に走った時から、急激にコマーシャリズム
の洗礼を受け、かつ、国益にまで影響するほどの経済的な膨張を見た
ことで、ヨーロッパ諸国の我儘が、またぞろ噴き出してきた言ったら、言
い過ぎでしょうか。

しかし、スキージャンプにおける規則の改悪をはじめとするさまざまな、
「平等」と称する「改正」は、スポーツの世界に暗い影を落とし続けている
のが現状です。
アジア勢が一致団結して、ヨーロッパ的近視眼制作を粉砕することを願
ってやみません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック