「はなまるマーケット」(TBS系)

「はなまるマーケット」(TBS系)が、来年3月一杯で終了との噂は本当
だったのですね。たまたま、11月6日は、午後からの仕事だったので、
「はなまるマーケット」を見ようと、テレビの前に座っていました。

番組冒頭、通常なら曜日レギュラーと局アナと司会の岡江・薬丸両氏
の4人が揃って映るところ、司会の二人だけが出てきました。
そして、「お知らせがあります。「はなまるマーケット」は、来年3月で
………。」

いや~、驚きでした。
朝の定番番組で、時事ネタは扱わず、茶の間の延長スタイルでずっと
続いてきたこの番組が、実はNHKの朝イチに食われて、視聴率が低
迷していたなんて、思いもよりませんでした。
司会二人の庶民感覚が、時に番組の意図とは逆の方向に暴走する
事が多々ありましたが、それがこの番組の魅力でもありました。

番組的に大人しい作りが、ある意味、テレビ東京的でもあります。
そのテレ東が、視聴率で低迷するTBSに迫ってきていて、今では振り
向けばテレ東と局内でも視聴率競争に焦りを感じているのだとか。

確かに、17年にもわたる長寿番組はおいそれとは企画できるものでは
ありません。この番組にしても、半年だから言われて引き受けたら、こん
なに続いてしまい、関係者が一番驚いていることでしょう。

たまたま、前の時間帯の朝ズバッが、あのようなことでみのもんた氏が
出演自粛でキーマンのいない番組の視聴率は当然ジリ貧でしょうし、
それに続く「はなまるマーケット」は、NHKの朝ドラが好調を持続してい
るために、朝ズバッを見る代わりにとチャンネルを変えてしまったことも
かなり影響しているでしょう。

しかし、新聞に大きく乗るほどの扱われ方をするテレビ番組も、そう多く
は無いでしょう。
これを見ても、「はなまるマーケット」の存在の大きさに気付かされようと
いうものです。

願わくば、視聴率が戻って、継続されることを祈らずにはいられません。
もっとも、この長きに亘っての出演は、それだけ生活のリズムも番組に
合わせざるを得ず、司会に二人のとってはとてもきついことだしょう。
とにかくも、ご苦労様でしたと言っておきます。

でも、やはり、続投して頂きたいと思ってしまいますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2013年11月12日 00:24
17年間も(゜∇゜)

朝のイメージだったから信じがたいわね
(≧ε≦)

ズームイン朝も無くなって

時代かしら?

あっ、MCの方々は転職するの?

ヤックンのはなまる年収だけで6850万円だった。らしいけど‥家族ダイジョブ?

この記事へのトラックバック