入間航空祭の経済効果

先日の入間航空祭の様子は、テレビや新聞でも取り上げられていま
すが、ここで、ちょっと下世話な話をしてみたいと思います。それは、
来場者にまつわる話なんです。
消費経済の一面を切り取ってみました。

人が動けば、当然お金もついて回ります。
今回のように、32万人もの数ともなると、そこから発生する数字が巨
大なものになります。

交通費・飲食費・機材関連費用に分けて考えてみましょう。
まず、交通費。私の場合は往復で2,020円。仮に、一人平均で約
1,500円とすれば、ざっと4億8千万円
飲食費は、バラつきがありますが、一人平均約1,800円とすれば、
5億76百万円
つまり、10億以上のお金が、支払われたことになります。

次に、機材として、カメラを見てみましょう。
これは、レンジがとても広いのですが、1万円台のコンパクトデジカメ・
5~10万円台のデジカメ入門機クラス・それ以上の中級機クラス更に
は、レンズだけで30万円を超える機材を持つクラスに分けることが出
来ます。
更に、今年から異常に増えたのが、スマホとタブレットで、こちらは平均
5万円位と見ましょう。

最も多いのが、スマホとタブレットで、約3割くらいでしょうか。
次にコンパクトデジカメも同じくらいでしょうね。
デジカメ入門機クラスとなると、交換レンズ付きのミラーレスタイプで、
約1割、中級機クラスともなると、せいぜい5%で、超高級機クラスは、
1%未満でしょう。
これらを、ぐっと睨んでエイヤっと積算すると、ざっと130億円の数字が
出ました。

あくまでもエイヤですから、あんまりあてにはなりませんが、それでも、
凄い数字ですよね~。
計算した本人が、一番びっくりしていますが…。
たまには興味を持ってこんな計算をするのも、一興ですよ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック