小田急MSE5周年

小田急の青いロマンスカーMSEが、デビューして5年経ちました。小
田急創設時の悲願であった自社所有のレールによる地下鉄への乗り
入れは、結果的に東京メトロとの相互運転の形ではありましたが、実
現しました。

いま、両先頭車に軽いデフォルメの[5]の数字が、書き加えられてい
ます。アニバーサリーというのには、かなり地味目ではありますが…。

この車体の最大の特徴は、何といっても綺麗な青い車体であることで
しょう。
更に、地下鉄乗り入れを果たすうえで、絶対に必要な運転室横の先
頭車に設けられた縦長の扉が、大きなアクセントになっています。
この扉の存在は意外に大きく、パッと見小田急っぽくないと言われそ
うです。

この車両は、派手な前宣伝の割には、保有車両数は少なく、現時点
では、6両固定編成×4,4両固定編成×2の陣容です。
列車ダイヤを見ても、当初は何でこんな時間帯の設定しかないのと、
不思議に思えました。

いまの車両数になって初めて、やや柔軟なダイヤで走行し始めていま
すが、2編成しかない白いロマンスカーのVSEの方が、大きな存在感
を持っているように感じます。

その大きな要因としては、分割編成での短さにあるのではないでしょう
か。加えて、連結側の先頭車両の形状が、能面のような特徴のない顔
だからだと思います。

VSEよりはゲタ電的な特急として、会社は重宝なのでしょうが、余りに
身近に設定し過ぎる特急は、優料特急の優位性を活かしきれないきら
いがあります。

今後、どのような、増備・運用をしていくのか、大いに気になります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック