第43回東京モーターショー2013

第43回東京モーターショー2013「世界にまだない未来を競え。」が、
始まりますね。馬力Up!排気量Up!低く大きく広く、これが従来か
らの変わらぬ基調でした。

しかし、自動車の世界は、急激なダウンサイジングの波に現れ始め
ています。
エコエコの大合唱が、昔の馬力アップターボではない、環境ターボの
登場を促し、3ナンバーの車体サイズを持ちながら、1.4Lターボなどと
いう以前なら、目をむくスペックの車が、麗々しく登場してきています。

今一つ意気の上がらない電気自動車ではありますが、それもこれも、
航続距離が短いからで、充電スタンドが充実云々は性能が不足して
いることを、代替案で逃げようとしているにすぎなのですね。

こういった現実を打破できるかが、モーターショーの存在意義にも拘
わってきています。
もはや、リッター30Kmの燃費は当たり前のものとなり、40Kmもそ
ろそろ視野に入って来そうなほど、急激な開発競争は続いています。

モーターショーに求められるものは、次代のニーズを先取りして、更に
新し提案をすることが出来るかにかかっていることは当然ですが、メー
カーにはさらに居住性の良さが求められています。

最近発表されるJR九州の新特急列車群を見れば、デザインもさること
ながら、内装の充実ぶりには目を瞠ります。
果たして、車社会は生き残ることが出来るのでしょうか?

これからの5年が勝負でしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

この記事へのコメント

2013年12月13日 01:56
あの~( ̄ー ̄)

叔父がスーパーチャージャーとかツインカムとか乗っていたような?

昔のクルマ??

(-.-;)

この記事へのトラックバック