HONDA  ハイブリッド新世代

ホンダニューアコードが、華々しくデビューしました。2.0Lセダンで燃費
30.0Km/Lを実現したことで、ハイブリッドで先行するトヨタを追撃にかか
る有力なツールを手に入れたことになります。今までのホンダのハイブ
リッドは、さほどのインパクトを与えられるようなシステムではありませ
んでした。

それが、今回の新システムを見て、これは…!と思わされました。
EV走行モード・ハイブリッド走行モードは、どこでも当たり前ですが、高
速クルージングでは、エンジンと車輪を直結するようにできるモードが
追加されたのが、今回のシステムの最大の特徴であり、燃費面での
向上にも寄与している部分です。

もともとホンダには、エンジンの技術として、i-VTECが有ります。
可変バルブタイミングの延長に、アトキンソンサイクルエンジンが有りま
す。通常の内燃機関では、圧縮開始容積と膨張終了容積が同じで、
これをオットーサイクルと呼びます。
これに対して、アトキンソンサイクルでは、膨張終了容積を大きくして、
それだけ膨張時の熱回収率を上げています。

ところが、物理的に容積を変更するとなると、機械的な負担が大きいと
いった欠点が出てきます。これを、バルブタイミングの変更で、筒内容
積を実効変更する理論が出されました。
これが、考案者の名前を取ったミラーサイクルエンジンです。

ミラーサイクルそのものは、すでに、マツダ車に多く搭載され、最近では、
日産新型ノートのDIG-Sでも使用されており、実績は十分にあります。
ホンダはVTEC技術が有りますので、そこは楽々クリヤーしているので
しょう。

前作ハイブリッドのCR-Zで、燃費に悩ませられながらもスポーティー
さを演出するための、厳しい開発の現場レポート見たことが有りますが、
今回のエンジンなら、今後続々リリースされるであろうホンダの新型車は
注目を集める存在になるでしょう。
それだけの魅力を持った新技術です。

が、敢えて言わせていただきます。
何だ、このデザインは…。ホンダは、小型車クラスまでは、非常に良いデ
ザインセンスを発揮しますが、それ以上になると、曲面がぐちゃぐちゃ・モ
ールぎらぎらの悪趣味に堕してしまっています。
何とかならないものでしょうか。今のレクサス系の訳の分からないフロント
デザインに勝るとも劣らないエグサです。
このデザインでは、燃費性能をアピールしても、販売は難しいでしょうね。
残念ながら、そうとしか言えません。
ホンダよ、もっとデザインに流麗さを持たせてくれ、と言いたのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック