「空飛ぶ広報室」のバランス感覚

空自が全面的にバックアップ-このキャッチコピーがこれほど「その
通り!」と思わせる番組は珍しいくらい、航空自衛隊をこれほど見せ
るかの感が強い内容の「空飛ぶ広報室」。実は、この出演者たちが
とっても羨ましいのです。

それは、私がカメラを振り回して、飛行機写真を撮りまくりたい側の
人間なので…。
実際のところ、よくここまで見せるなと言う現場にまで、カメラ撮影を
許可していますね。
この番組が始まって5回目くらいの時、これは政府の方針に沿った
国威発揚または戦力保持のための宣伝放送なのではないかとの
疑問を持つほど、自衛隊礼賛のストーリー展開が続き、右傾化の為
の陰謀が…などと思ったほどです。

ところが、6月9日放送分で、自衛隊批判を行うコメンテイターを材料
として俎上に挙げ、これで良いのかとするテーマを脚本の柱に仕立て
上げ、一応、国民の本意は何処にあるのかと振り返るような感じに持
って行った辺り、バランス感覚を重んじる上の方のスタッフが、気配り
をしたのではないかと思えるほど、思想的な方に振っていましたね。

まあ、来週の予告を見る限り、そんな気配りは今回限りのようですので、
あまり目くじらを立てる必要もないのかと思いはしますが…。

最終回に向って、空井(綾野)はどうするのかが焦点で、稲葉(新垣)は
どうするのか、そして、予告編でブルーインパルスがフィーチャーされそ
うな雰囲気。

番組スペシャル企画として、ブルーズ同乗企画をぶち上げてくれないか
しらん!当然、バンバン応募しますけどね。

いけない、今回のブログは、ブレが酷いですね?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック