ヘッドフォン…プラスチックのバンドはイタダケナイ

最近、目に付くようになったヘッドフォンのニューカマーで気になるこ
とが有ります。ヘッドバンドとハウジングに、プラスチックが多用され
ている商品が増えてきたことです。それも、かなりの高額品クラスで
もなんです。

ご存知のように、プラスチックは強度の面で傷がつきやすい素材で
すが、それ以上にヘッドフォンに向いていない特性をも有しています。
それは、減衰特性がわるいことです。

デザイン優先は、思想としては受け入れますが、こと音を発する道具
であることを考えたのなら、ハウジングにプラスチックを使うなんて信
じられません。
いかに、減衰特性を重んじているかを強調されても、所詮はプラスチ
ックの範疇でのお話です。ダンピングファクター云々以前の問題です。

そこいら辺の思想が無くて、デザインだけ優先する製品には、およそ
魅力を感じることはできません。
音響製品であること忘れ去った商品を、持ち上げる評論家なんてのも
ごろごろしている世の中ですが、博士号の名前に魅かれて購入なんて
してはいけません。

あくまで、音響製品の中で、唯一身に付けるヘッドフォンと言う製品は、
出来るだけ長く装着して、外部からの侵入騒音の減衰や、ヘッドバンド
・コード・ハウジングのタッチノイズをチェックしてください。
爪が当たる音が、明瞭に伝わるようなハウジングやヘッドバンドなら、
間違いなく音を汚していると断言できます。

楽しむためのヘッドフォンなのですから、購入にはシビアーなチェックを
お忘れなく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック