従来型「有り・有り]店と「無し・無し」店

「有り・有り]店と「無し・無し」店、この表示だけでは、全く何が何だか
分からない人が大多数でしょうが、セブンイレブンのオーナーなら、ピン
と来るはずです。それも、セブンイレブン草創期のオーナーなら、そうな
んだよ!とため息交じりに首を振るかもしれませんが……。

今でこそ、コンビニで名が通るコンビニエンスストアですが、草創期は
いろいろな面で困難を抱えていたようです。
もともと、セブンイレブンはアメリカの流通業界で、のし上がったチェー
ンでした。

このようなアメリカの流通業界の視察団が組まれ、研究されたのです
が、その中にイトーヨーカ堂の鈴木敏文がいました。
彼をはじめとした視察団は、アメリカの仕組みを日本に導入することに
決めた派と見送った派に分かれました。

その伊藤が選んだのがセブンイレブンだったのです。
しかし、このビジネスモデルを導入するに当たっては、幾つかのハード
ルが存在しました。
それらを克服しつつ、国内展開の要となったのが、俗に言われる「有り
・有り]店と「無し・無し」店です。

これは、酒屋でたばこの販売権利も持っている店なのか、両方とも権利
も持っていないかのことを指します。
片方しか持っていない店を、「有り・無し店」または「無し・有り店」と区別
していました。

今ではとても考えられませんが、当時は「有り・有り」店が優先してセブン
イレブンに転換されていきました。
その後、「有り・無し」店も転換対象となり、「無し・有り」店はその次の順
位となっており、「無し・無し」店は当初はセブンイレブンになれませんでし
た。

そんな歴史も、今は全く存在しなかった如く、他のコンビニチェーンも含めて
増殖する速度は緩んではいるものの、まだまだ店展開は続いています。
先人は、苦労したのですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック