価格限界を越えたヘッドフォン

町に溢れるとは、使い古された言葉ですが、ポータブルオーディオがこ
こまで普及すると、カナルタイプのヘッドフォンは別として、オーバーヘッ
ドタイプのヘッドフォンに品揃えが、急速に充実してきているのに比例し
て、ストリートヘッドフォン族が町に溢れています。

しかし、手放しで喜べない現象も起きています。それは、価格。
3千円以下は、問題外ですが、8千円から1万5千円レベルが、価格帯
としては最も手が出しやすいゾーンでしょう。
ところが、最近になってカナル型でも8万円などと言う馬鹿馬鹿しくも高
い機種がリリースされています。

まして、オーバーヘッド型に至っては、7万円~15万円などと言うとんで
もなく高額のタグが付けられて、店頭に並べられていたりします。
よく考えて見下さい。
ヘッドフォンは確かに手軽に良い音がし、大音量も楽しめますね。
でも、それは閉鎖された空間での楽しみでしかありません。
本来、解放された空間でゆったりとした音量を楽しみたいのに、住環境
の制約のためにやむなくヘッドフォン、これが従来の図式でした。

しかし、ポータブルオーディオに10万越えのヘッドフォンなんて、アンバ
ランスそのものです。だいたいにおいて、ポータブルプレーヤーのヘッド
フォン出力では、ドライブ能力が低すぎます。
また、いくら密閉型を使用したとしても、外来ノイズの侵入レベルはかな
りものです。

暗騒音がどうのと言う世界で、神経を集中しなければ、一般人には3万
円でも5万円でも、ましてや10万越えでも、そのほんのわずかな音質の
違いを識別可能なほどの静寂が仮に与えられても、差が明確に分かる人
は、きわめて稀だと思います。
逆に言えば、ボリュームゾーンのヘッドフォンの音質が向上してきているの
ですね。だからこその8千円から1万5千円なんです。

残るは自己満足の世界のみです。
持つ喜びを感じていますと言い切るなら、それで構いませんが、音を聞く道
具なのですから、個人的にはその考えには与しません。

それでも、最高額を更新するとそれを気にしないわけにいかないのが、人間
の悲しい性ですが・・。静電型で360,000円なんてのも有りますが、それを
買う人はマニアかよほどの物好きか金持ちでしょうね。
しかも専用アンプを必要とするんですから。
ここまで高価になるのなら、スリーウエイのバスレフ型スピーカーの方がよほ
ど低音の再現力が有ります。
一種のコンデンサ型信者ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック