オリンピック・柔道・ジュリー

聞きなれない柔道のジュリー制度で、一悶着起きそうな空気になって
来ています。ロンドンオリンピック柔道の判定を巡って、主審がいらな
いんじゃないかと、物議を醸しているのが、第四の審判と言われるジ
ュリー制度でしょう。

もともとは、陪審員とかの意味だそうで、ようは主審と副審だけの判定
でトラブルが起きたことが有ったので、ビデオ判定を行う審判が別にい
て、微妙な判定の際には、主審に対して異議を唱えることも含め、アド
バイスする役割を持っておるのだそうです。

ビデオ判定そのものは導入に賛成ですが、今日のように一旦あげた判
定を覆すのなら、その明確な利用を説明すべきで、何も説明が無いまま
ただ判定だけが残るようなシステムは、早晩世間から無視される存在に
成り下がることでしょう。

柔道は、柔よく剛を制すの精神と言われながら、体重別や指導などの微
妙な判定基準の導入など、もはや日本発祥とは言い難いほどに、醜く
改変されてしまったのが、今の柔道です。

選手もそれに慣らされてしまったがために、本来の敢闘精神が見られな
いのは、近代柔道の問題点です。
如何に言い訳しようが、柔道は柔道として、基本を通さねば!

もしこの伝でいけば、バレーボールやバスケットボールなどは、身長別の
トーナメントが行われなければなりません。しかし、そんな意見は聞いたこ
とが有りません。
こういった面でも、歪なのが今の国際柔道でしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック