アタル-最終回

ちょっと不思議な雰囲気を要求された「アタル」が終了しました。
多分に実験的要素を盛り込んだドラマでしたが、ゴールに何とか
辿り着いたねというのが、私の感想です。

初回の出来は、「これは~?」的な感じでしたので、スタッフはか
なり頑張ったのではないと思います。
ドラマと言うのは不思議なもので、「ノレテル」感じが伝わってくると、
面白さもじんわりと出てきます。

しかし、このアタルに関しては、最後にパターンが崩れてしまいまし
た。どうも、最終回を無事に超えられるか -- 決して、「迎えられる
ではありません」 -- が、今の番組は鬼門のようです。

アタルのキャラクターを作り上げたスタッフではありましたが、彼の
変容を時間とともに表現していくべきところを、最終回で今までとは
異なる激しい反応をさせてしまったところに、大いなる違和感を視聴
者に与えてしまいました。

また、FBIの存在が弱すぎて、何のために最初の数回で、サスペン
ス風の演出を施したのかの意味が無くなってしまうような最終回でし
た。アタルに対して、どんな訓練を施したかのフラッシュバック的な映
像を挿入して、いろいろな言葉を駆使するより、分かり易く物語を進行
させていこうとする視聴者の側に立った演出が不足していましたね。

それにしても、中居君はなかなかの演技を披露してくれていました。
焦点の定まらないような目つきを長時間続けていることの一点を取って
も役者根性が有ると感心させられました。

また、栗山千明や北村一樹は、今が正に旬の俳優で、勢いのある発声
がともすれば「陰」に成りがちな内容を、「陽」の方向に引っ張る力が有り
番組を救っているように思えました。
何にしても、最終回の最高視聴率もそこそこだったようです。

或る意味習作的意味合いの番組でしたので、これに携わったスタッフの
次回作に期待してもいいかなと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック