首都圏直撃6月の台風

いやぁ、ほんとに驚きました。台風が上陸してもかすめるばかりだった
この家のあたりですが、今回は完全に直撃でした。20時過ぎごろから
風が強くなり始め、21時頃は一瞬家が動いたように感じられるほどの
暴風が吹きぬけました。

そして何より驚いたのが停電です。
昨年の計画停電では、二度ほど経験しましたが、台風のせいで停電に
なることなど、絶えて久しくなかったことです。
時間にして2分間ぐらいだったでしょうか。
時刻は23時少し前で、ダブル録画中の片方がちょうど終了し、もう片方
は今日が最終回で、ラストの延長部分での停電。

クライマックスが、本当に暗いっす。なんて、お粗末な洒落を言っている
場合ではありません。

そして、今あと5分で12時ですが、風はもう時折強く吹くだけになりまし
た。台風の風で特徴的なのが、風の音です。
強く吹いているようでも、空の高いところを吹き抜けるようになると、もう
台風はかなり遠ざかっています。
自然を見る・聞く・感じることを、常に意識していると、風の息・雨の息を
分かるようになってきます。

人は自然から生まれました。だから、自然の営みに注意しさえすれば、
自然の驚異も優しさもすべて肌で感じることが出来るでしょう。
局地的な豪雨に見舞われた地域では、これからが土砂災害の危険時間
帯の始まりとなります。
のり面の崩落や出水、濁った水などの異変を感じたら、山から離れて下さ
い。

土砂崩れに巻き込まれたら、助かりません。
事前の鋭い観察が必須です。該当区域では、交替で、警戒に当たって下さ
い。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック