局所的な豪雨

昨日も一昨日も、関東を中心に寒気団の流入で、局所的な豪雨が
ありました。散発的な雷雲でありながら、瞬間では猛烈な勢いで雨
風とも物凄く、特に、昨日は各地に雹が降りました。

雹の大きさはさほどではありませんでしたが、その量の多さは半端
ではなく、横浜や千葉などで数cmも積もったりしました。
ことに横浜駅では、雹が樋に詰まってしまい漏水騒ぎまで起きまし
た。

まだテレビがモノクロだった時代に、啓発的な番組で「素晴らしき地
球?(ちょっとあやふやです)」と題する番組で、地球温暖化が進むと、
豪雨の回数が増えそれに伴い洪水被害も多発、一時的な気温の低
下を招くといった内容の放送が有ったことを思い出しました。

この中途半端ではない気象現象の現れ方は、本当の警鐘と捉えて
真剣にこれからの環境をどのように改善していくかを考え・行動してい
かなくてはならない時期になっていると思います。

投機マネーで一喜一憂しているうちに、地球が滅びてしまう危険性が
出てきているのです。
この危機感を政治家の方々や利権にばかり走る官僚の方々は、気付
いていないようです。

あなた方の巻き添えはごめんです。
次回の総選挙では、皆さん覚悟していてくださいね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック