潜在意識~識域下への旅 - 9

意識が拡大して、体の外のまで広がる感覚は、一度味わうと病みつき
になるほど興味深い世界です。意識の拡大は、それこそ本人の気持ち
1つの世界なので、慣れてくれば、とてつもない膨張から収縮までを、
極めて短時間に行うことが可能になります。

しかし、拡大があまりに急だと、意識レベルのセンサーの感度が調整
されず、ただ単に意識が広がっただけのことで、何の収穫も得られない
人が多いのです。
実のことを言うと、この拡大率を自由にコントロールすることは、瞑想の
とば口に立ったくらいでは、とてもこなしきれないのです。

このレベルの意識では、探究する気持ちがとても強いので、その欲求
を抑えることが出来ないのです。なぜなら、脳波レベルでα波状態に
入ってからでしか、この精神感知領域の拡大機能は作動しません。
しかも、α波状態は抑制された行動をを解き放つ方向に働きますので、
この状態で抑制が効かせられるというのは、正に達人の領域に足を踏
み入れたことに、相違ありません。

残念ながら、この域に達した方に、今までたった一人しかお会いしたこと
が有りません。他の人は、抑制を効かせようとした瞬間に、β波領域、
即ち通常の意識レベルの戻ってしまっているのです。

ここからが、識域下への旅が始まるポイントでもあります。
通常サブリミナルと言い習わしているこの領域は、到達すること自体が困
難なために、まとまった文献は非常に少なく、仮に見つかったとして、孫
引きで作られているケースがほとんどのため、実際のところ、情報の入手
はできないと言い切って過言ではありません。

しかし、方法はいくつか私の知りえる機会が有り、疑似的にせよその世界
を垣間見させてもらったことが、数度ありますので、その経験をもとに、この
あとはこの連載を続けていくことにします。

潜在意識~識域下への旅 - 8 で紹介した方法で、意識の拡大を訓練
するのは、一日30分以内にとどめて下さい。
本当のところ、指導ができるものに観察して貰いながら行うのが必要なレベ
ルなのです。異常を感じたら、一秒で現実の戻れることを念頭に置いた訓練
に心がけて下さい。

もう、すべて自己責任の範囲です。
例によって、初めてここにきてしまった方は、以下のアドレスから順に体験
してくるようにして下さい。
http://15313573.at.webry.info/201201/article_23.html

では、安全なる航海を。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック