リラックスハウスへようこそ - 12

水源探索は時間切れとなった前回、今回は、奇跡のように営業していた
山深い村の民宿に一泊し、朝早くから山に分け入ろうといているところか
ら再開しましょう。と言ったって、これ全部イメージの世界のことですから、
何かあればすぐに現実世界で対応可能なことをお忘れなく。

なぜ、こんな当たり前のことを書くの?と質問が出そうですが、沢山の講
座を開いていると、実に様々な人がいるもので、「イメージの世界と言って
も、その中にいる間は体の自由が利かなくなるんではありませんか。」な
んて質問は当たり前で、もっと凄いのはここでは書けませんが、驚くような
内容です。

でも、それは、あくまでイメージトレーニングを開始する前までの話で、一回
でもトレーニングすれば、こんなに穏やかな気分になれるのなら、もっと早く
この講座を受けるのだったと、皆さん口を揃えるくらい無理なくリラックスの
世界を満喫しています。

さて、出発、源流探索行の再開です。
もう、あと3.5Kmの標識を過ぎてから一時間ほど経ちました。
時刻は、十時半になろうとしています。
体は心地良い風に、僅かにかいた汗が少しだけひんやりとして、疲れを取っ
てくれます。

さあ、ここからは少し険しくなります。足元を良く踏みしめて、じっくりゆっくり。
もう、獣道としか思えないような細い線のような道を、あなたは木漏れ日を
浴びながら歩いています。

ガサッ、ゴソッと、藪を漕ぎながらの歩きに変わりました。
あと少しの筈、焦らずペースを守って、ゆっくりゆっくりですよ。
?!せせらぎがいきなり目の前に現れました。流れの幅は、手の平を広げ
たくらい。けれど、水の量はかなりあります。

上流に目をやると、かなり先に小さな立札のようなものが立っています。
流れに沿ってそこに向かいましょう。
一歩一歩、立札は近づいてきます。
「川はここに端を発す。」
その立札の根元あたりから、何か所からも水が湧き出しています。
紛れもなく、ここが水源なのです。

と、イメージの中でも、視覚的にとらえやすい風景にチャレンジしていただきま
した。物語的でいて、光景が浮かびやすいストーリーを自作してみてください。
それがイメージ力の基本となります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック