リラックスハウスへようこそ - 10

前回では、早春の公園のイメージを使いましたが、雪の白さや自分の
足跡などに、くっきりとした画像が頭の中で鮮明に広がりましたか。
イメージを作るのに慣れてくると、音や匂いまで体験できるなんて本に
は書いてあったりしますが、それは本当の達人領域のそのまた一握り
のプロフェッショナルのことですから、気にしないでください。

そんなことが体験できても、なんて負け惜しみを言うわけではありませ
んが、鮮明なイメージが自在に浮かぶようになった時、あなたの心の
抑うつの原因は、ほぼ間違いなく取り除かれています。

イメージを浮かべる行為は、心の自由度のレベルに影響されます。
自由度が高い人ほど、綺麗なイメージを浮かべることができます。
また、輪郭のしっかりとした映像に触れることも可能になります。

人間の五感のなかで、情報量が最も多いのは、視覚ですが、イメージ
の世界では触角が重要な要素になってきます。
この「触れる」微妙な感覚が、職人技と呼ばれる世界では、絶大な信頼
を勝ち得る強力な能力です。
それくらい、イメージを想起しているときの触角は微妙な変化を、見逃し
ません。

今回はその触角を再現してみましょう。

お風呂に入ってくつろいでいるとしましょう。
少しぬるくなってきたので、二分間だけ追い焚きをします。
オッ、熱い湯が出てきましたよ。かき混ぜましょう。熱い部分とぬるい部分
が、交互に肌を刺激しています。腕をグルグル回して、かき混ぜます。

二分経ちました。丁度良い湯加減になりました。手拭いで顔をしっかりと押
さえます。気持ち良いですね。もう一回ゆっくりと顔に手拭いを押さえつけま
す。少しだけ熱い部分のお湯が手拭いにまとわりついていたのか、少し刺
激が強いです。もう一回、ゆっくりと手拭いを顔に当てたら、ゆっくり二十数
えて、風呂から上がりましょう。

どうですか。イメージでも体が暖まったでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック