リラックスハウスへようこそ - 8

音楽を聴きながらのリラクゼーションは、気持ち良くなる度合いが速いの
ですが、それだけに、音楽が無いとリラックスが出来ないなんてことに陥り
勝ちなんです。ですから、その為の有料・無料の講座が開かれています。

ここで考えてみて下さい。
無料という言葉には、大いなる魅力が有りますが、講師は配布資料を用意
し、会場を押さえ会場費を負担し、いすや机・ラジカセなどの機材の用意と
セッティングを済ませ、参加者を待っているわけです。

つまりよほどのボランティア精神に満ち溢れた人でないと、無料講座を継続
ことは、負担が大きすぎることになります。
そんな人の開催する講座ってどう思われますか。
やはり、どこかぎすぎすした精神構造に陥っている可能性が有るのですから、
当然のようにリラックスに影響を及ぼします。

そう考えてみると、開催者の自己負担がイーブンか少し潤う程度の料金体系
の講座を選んだ方が、互いに実りが得られるのです。
こんな観点で見られるようなら、あなたの平衡感覚は正常だと思ってよいと思
います。

公民館などの公共施設で、(若干の会費程度なら集めても良い)開催されるな
ら、一回三時間コースで、3,000~5,000円程度がリーズナブルだと思いますよ。
有料であることは、もうひとつメリットが有ります。
それなりの対価に見合った講座ではあっても、自分の疑問をすべてカバーして
くれるわけではありませんが、講座中や講座後のフォローをお願いしても良い
立場になっているわけです。

実は、こんなお金にまつわるような話なんて、この記事の方向に反するものを
取り上げたのは、アフターケアを受けられる安心感をもって受講できるという
精神的な安定を図れるメリットを説明したかったからなんです。

長くなってしまいましたが、こういった背景を考えることも必要なのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック