東京マラソン考:「絆」と「瓦礫受入反対」

3万6千人、て凄い数ですね~。そう、東京マラソンですよ。申し込みの
倍率たるや9.6倍と言うんだから、35万人もの人間がエントリーする
と、これはもう国民行事以外の何物でもないですね。昨年は、格別大し
た目玉企画が有ったのか記憶にありませんが、その後起きた3.11
が先に起きていたら、おそらく中止になっていたでしょうね。

今年は、あれから丸一年たって、人々の心には鎮魂や風向への願い
が強く強くあり、マラソンを走る意義に結びつける人のなんと多かったこ
とか。

しかし、一歩現実の社会の出来事を振り返ってみれば、瓦礫処理の
受入についての火のような反対意見を叫びまくる反対論者の映像が
連日テレビに映っています。

私は思うんです。この反対論者は本当に本心から反対しているのだろ
うかと。中国や韓国に見られる『泣き女』的存在のプロの反対論者なの
ではないだろうかと。

なぜそのような嫌らしい考えに思い至ったと思いますか。
それは、声の出方です。素人は急にはあのテレビでがなっているような
声を出せる人は、ほとんどいません。毎日、何らかの訓練で声を出して
いない限り、挑発的に聞こえる声を出し続けるのは、とてもむづかしい物
なのです。

いつの世にも、利権が有ればそれに飛びつく人種はいます。
この反対論者も、そんな利権関係者に雇われているのでしょう。
まことに忌むべき所業だと思います。雇う方も雇われる方も、それこそ地
獄へ落ちろと、願わずにはいられません。

マスコミは、もっとここいらを追求して、こうした「輩」を社会の晒し者にすべ
きだとは思いませんか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

反対論者
2013年08月01日 16:20
日本選手団は、ロンドンオリンピック開会式で退場させられました。日本選手団は、放射性物質で汚染された震災瓦礫でつくったメダルを首に掛けて、入場行進したからでした。選手団は、震災がれきの安全性を世界的にアピールするからくりに巻き込まれたのです。震災がれきをどう見るかにつき洞察力なしの首相のからくりです。しかし、世界の人々の目は冷静であり、単純・素直に瓦礫メダルの放射能汚染を心配したということです。もうそろそろ、放射性物質で東京が緩慢な死を迎えつつあることを肝に銘じ、東京マラソンやら東京オリンピック招致など諦めることがいいと思います。

この記事へのトラックバック