潜在意識~識域下への旅 - 5

呼吸法にリラックスを組み合わせた練習は、かなりのパターンが有り、
それらを全部掲載しても、読むほうがシンドイでしょうから、ここらで
少し、ブレークしましょう。と言って、イメージは浮かべて貰いますが。

今回は音楽を使います。できれば波の音だけとか水音だけのCDが
有れば良いんですが、それは自分の好みでいわゆる環境音楽っぽい
CDであれば、何でも良いのです。

私はエンヤを好んで聞いています。彼女の声は、エコー成分たっぷり
ですから、ボーカルが入っていても全く邪魔にならないんです。

好きな曲を音量は少し抑え目にかけたら、目を閉じます。
ありふれていますが、丘の上に登って行き、青空と緑とそよ風のイメ
ージを思い浮かべる練習です。

呼吸はあまり気にせず、肩の力を抜いて椅子にゆったりと座りましょう。
最初は音楽に耳を傾けます。
自分の基準で構いませんから、約5分ぐらいたったなと思ったら、練習
を始めましょう。

高原に来ています。牧場の長い柵が、ず~っと続いています。柵沿い
の緩い起伏のある小道をあなたは歩いています。
五月初めにしては、日差しは強いのですが、心地良い風が吹いてくる
ので、足取りは軽やかです。

道はだんだんと傾斜を増してきてはいますが、まだまだ体力は余裕たっ
ぷりです。足元に目をやるとタンポポがあちこちに咲いていて、とても鮮
やかです。
牧草の新芽が一斉に伸びて、見渡す限りの緑の世界です。

遠くのほうから、真っ白な馬が近づいてきています。そばまで来ると、い
ったん前足を上げてから、ひざまずく格好になり、さあ乗ってくださいと言
っているようです。
その優しげな顔は、乗馬の経験がなくても、大丈夫ですよとあなたを
促します。

いざ、跨ってみると、その大きな背中がとても美しく輝いています。
「さあ、出発」?えっ、そばには誰もいないのに?誰がしゃべったの?
「私ですよ、あなたが今跨っているじゃないですか。皆さんが馬と呼んで
いる生き物が、あなたに話しかけたのです。声を出さなくていいですよ。
私は、なぜかこうやってみなさんと話ができるんです。」

と、こんな感じで、自分で物語を作りながらリラックスしていきます。
イメージの世界が、わかりやすい形で目の前に開けてきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック