「紅白」に見る意外な…。

新年あけましておめでとうございます。
本年も、蘊蓄の効いた話からどうでも良い話まで、出来る限りアップして
行こうと思います。よろしければ、ブックマークしてください。

さて、新年一回目は昨年もやった「紅白歌合戦」です。
毎年見ていますが、世代交代や新陳代謝がこの世界は激しいと言われ
ていますが、今回の紅白に限って言えば、「復興」の言葉に惹起された
曲を持ち歌にしている歌手が、クローズアップされたように思えます。

人である限り避けられない老いを感じた歌手がいるかと思えば、昨年よ
り若くなった声を披露してくれた石川さゆりなど、やはり人気と精進の関
連は深い結びつきがあるようにつよく感じた紅白でした。

しかし、ストイックなまでに努力をしていても、体力がそれ以上に落ちて
しまった歌手を見ると、テレビというメディアは相当に厳しい世界なので
すね。
大ファンである中島みゆきの新曲を聞いて、その声の安定した発声や
声量で、還暦を迎える今年であってもさほど心配はしていませんが、そ
の対抗馬であった女性歌手の老いを感じさせる発声に、戸惑いを感じ
ました。同じく、出場35回を誇るベテラン女性歌手にも、老いが忍び寄
ってきている兆候が聞き取れました。

対極にいるのが、今年も司会を無難にこなした「嵐」でしょう。
彼らのパフォーマンスで、踊っているステージのバックに映されるゲーム
のシンボルに動きを同調させた演出が有りましたが、これは才能云々を
超えた領域に入っていて、その見事な所作とスクリーンの同調具合に、
思わず唸ってしまいました。

嵐本人たちも、後でこの場面を見れば、自分たちのポテンシャルに改めて
感じ入ることでしょう。
子供の頃の見方と異なり、十分に情報を持って視聴すると、面白い発見が
有るのですね。
さて、来年は…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック