テレビ朝日:ドラマ作りの白眉「火車」

白眉なんて大袈裟なとお思いかもしれませんが、宮部みゆき「火車」は原作
にかなり忠実で、見ているものを惹きつける力を持っていました。勿論、原作
から削った部分や書き加えた部分はあります。しかし、それらは本筋を汚すこ
となく、むしろ引き立てており、素晴らしいドラマづくりのお手本のような出来
でした。

先日、他局で同じ宮部氏の作品が、ぐちゃぐちゃにされていたのとは正に正
反対で、こういったドラマ作りばかりなら、日本のテレビの未来は明るいと言
えます。
やはり、テレビ局が原作本を取り上げて、脚色してドラマ化するのですから、
原作に沿った解釈までなら許されますが、あまりに逸脱してしまったら、それ
は、原作者の冠を外すべきだと日頃から感じております。

テレビ朝日は「相棒」も良質な番組として認知されていますが、今回の「火車」
のスタッフも賞賛に価する見事な仕事をしましたね。
上川隆也と寺脇康文の組み合わせで、重い内容が暗くなり過ぎないように、
微妙にコントロールすることにも成功しています。

また、配役を見て驚いたのは、佐々木希が翔子役になっており、最後まで言葉
を発することの無い役ですが、上手いキャスティングだなあと感心しました。
これを見た同業者の中には、「ヤラレタ!」と思った人も多いのでは…?

とにかく、良く出来たドラマは、見終わった後の気持ちの良さが違います。
テレビ朝日の今後に期待します。このレベルをキープしてくださいね。
それにしても、笹野さんていつもいい味出してますね~。
ボ~っとしているかと思うと、ビシッと決める発声もあり、まさに名脇役の存在
として、とても輝いていますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック