ゼオライト

福島原発由来の放射性物質の汚染が拡散していく中、ようやく『除染』に
目が向けられ始めましたが、その中でひときわクローズアップされてきた
のが、昔ながらのゼオライトです。乾燥材や除湿器に利用されていたのは
広く知られていますが、放射性物質を吸着する性質が有り、注目されるよう
になりました。

ゼオライトは、火山灰が堆積してできた酸化ケイ素や酸化アルミナを主成
分とする鉱物の総称で、約40種類ほどあるそうです。非常に細かい穴が
ゼオライトの粒子にはあり、そこにイオンの働きで物質が吸着されます。

プールや土壌の除染に向けて、かなりいろいろな企業が開発を進めており、
処理がいったん始まれば、加速度的に広がりを見られそうな状況です。

しかも、ゼオライトの鉱山は、東北に多いとのことで、輸送代もかかりません。
更に、品質面においても相当上質なゼオライトが、以前から作られています。
加えて、日本の鉱山では珍しい露天掘り採掘も存在し、トータルコストの面で
非常に有利な物質です。

テストプラントでは、汚染された土壌を処理した結果、出てきた水は水道水と
同じレベルで、かつ、土壌から採取した放射性物質は、かなりコンパクトになっ
ており、廃棄物の面でも合格できる成果を上げてきています。

処理プラントが本格稼働して、放射能に脅えることの無い土地を、どんどんと
広げていき、緑の豊かな大地となるよう、願ってやみません。
寄付金の分配方法で悩んでいる赤十字あたりが、こういった事業にお金を融
通すれば、良いと思うのですが…。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック