商品取引相場を止めてみたら…?

商品取引というと、悪いイメージを持つ人がいます。確かに、アメリカの
穀物相場や石油市場に集まる投機マネーの影響で、今では世界中の
商品取引市場以外にも悪い影響が出ています。もとはと言えば、リー
マンショックなどの経済危機に際し、世界が結託して打った財政出動の
悪い面が出たものです。

それは、大量にお金を流通させることで、金詰りを解消させるための策
を取ると、一方では物の流通がスムーズになりますが、一方では過度の
資金流入により、市場にお金がだぶついてしまいます。
そのだぶついたお金を、石油や穀物市場に投じるものだから、市場の正
常な働きを狂わしてしまい、それがさらに思惑買いに走らせる結果、市場
が過熱してしまいます。

ちょうど日本のバブルを、再現していると思ってください。
もうこれ以上は上がらないよと言われ続けながら、上へ上へと株式市場が
上がり続けたあの数年の浮かれたにわか成金や、これのおこぼれにあやか
ろうとした一部の小金を持った老人たち。パソコン教室も、一時はパソコン
を教えるのは二の次で、オンラインで株式取引を教える方がメインになって
いたくらいです。

お金が余る・だぶつく状態を、過剰流動性という言葉で表しますが、この言
葉が出てくるころは、もうすでに一般人が相場に手を出してはいけない危険
水域が広がっています。
インターネットでの取引に嵌ってしまうと、寝ることすら怖くなるほどの切迫し
た精神状態に追い込まれることは、普通に起きる事のようです。
まして、まとまった取引をした後に、危険な状態になったりしたら、それこそ胃
潰瘍でも起こしそうなくらい、神経を研ぎ澄ましていなければならないと言わ
れています。

しかし、プロ集団でさえ手を焼く過剰流動性は、思惑買いや売りを呼び、相場
の乱高下を引き起こす元凶です。
それが巡り巡って、世界一斉株安とか、通貨不安による円高ドル安とかを誘
発する原因になっているのです。資本主義社会の最悪のパターン、それが、
マネーゲームですが、今ではマネーウォーズの様相すら呈しています。

正常な指標となりえない商品取引は、もはや弊害ばかりであり、世界中の民
に不幸をもたらしているのです。
一部の投資家の動きを封じ込めても、次々に新手の投資集団は生まれます。
この際思い切って、商品取引のみならず、すべての相場を凍結してしまう荒療
治をしてみたいものです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック