自動車業界の最新動向

東日本大震災以前から、自動車業界には軽をメインとするOEM供給
話が盛んでしたが、ここにきて一段とヒートアップしてきています。なに
より、日産と三菱が軽専門の会社を合弁で設立する話が出てき、トヨタ
はダイハツとの協業を超えた支配的立場で、トヨタ用の軽を開発すると
表明しました。

どんな車がOEMなのか、いくつか例を挙げてみましょう。
新しいところでは、マツダのプレマシーが、日産のラフェスタとして、
「ヨッ、イケダン」の冴えないキャッチコピーでCFを流していますよね。
スズキのMRワゴンは、当初栗原はるみ監修の日産モコとして、大いに
売れました。MRワゴンがチェンジするたびに、モコもチェンジを繰り返し
ており、量販の最右翼となっています。

日産のADバンは、三菱のランサーカーゴになっていますが、認知度は
かなり低いですね。同じように、スズキのアルト・ワゴンR・ジムニー・エブ
リィワゴンは、それぞれマツダのキャロル・AZワゴン・AZオフロード・スク
ラムワゴンとなって販売されているようですが、正直?の状況です。

ここまで来て、さてOEMって何のことでしょうか。
Original Equipment Manufacturer
(オリジナル エクイップメント マニュファクチュアラー) これが、正式の呼
称です。つまり、他社ブランドの商品を、作って納入している業者を指しま
す。OEMは古くから家電業界では、当たり前のように使われている手法
です。

特に、冷蔵庫や電気カミソリは、ほとんど一社独占状態でした
何故、過去形なのでしょう。言わずと知れた、韓国や中国企業がこの世界
に大挙入り込んできているのです。
ちょうど、昔の日本製品の立場が、いまの韓国・中国なんですね。

しかし、中国は賃金高騰が問題になってき始めました。韓国はもっと以前か
ら賃金問題がくすぶっています。さあ、次のOEM国は何処になるのでしょう
ね。皆さんで、推理してみてください。この部分パクリです・・悪しからず。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック