インストーラー○と×

インストーラー、言うまでもなく、ソフトウエアをパソコンのOSに認識させる
ためのソフトウエアですが、これが最近乱れてきているのです。以前は、
Microsoftの認証を得たというマークを、化粧箱に麗々しく印刷してあっ
たものですが、これが手間も金もかかる代物で、「Windows環境用のソ
フトをつくりました。Mocrodoft様の方でご確認賜りまして、万事よろしき
を得てから、発売したいと考えております。どうか、ご審査よろしくお願い
仕ります。」くらいのへりくだった態度で、各社はお伺いを立てていました。

ところが、最近は「Windows環境に適合しているので、もし、警告が出され
ても無視して作業進めて結構です。」とお墨付きはいらないソフトが、すごい
勢いで増えてきています。
やはり、Microsoftに絡む利権は、莫大なもののようです。

ここで、弊害も出てきてしまいました。
当然考えられることですが、審査を受けなくても、とりあえず動きゃーいいん
だよ的ノリで出されるソフトは、質の面でかなりバラつきが有ります。
分かりやすく言えば、質の悪いソフトが増えてきているわけです。

確かにインストールは出来ますし、ソフトもしっかりと動作しますから、何の問
題もないじゃいないかと言われる向きもいらっしゃるでしょうが、それは、玄人
だから言えるわけで、毎年着実に増えるお年寄りのパソコン新規参入組や、
あまりやりたくはないけれどやらないと世間の置いてけぼりはイヤといった人
達にとっては、ユーザーフレンドリーと言われているソフトでさえ、まともにイン
ストールが出来ないのですから、質の悪いソフトにあったら、またまたPCを嫌
いにならせてしまいそうです。

Microsoftの監修・指導・標準化・認可等の一連の活動は、日本の空港の着
陸料みたいな存在です。ガリバー的独占状態が続くうちに、何もソフトの動作
について、お伺いを立てなくても良いじゃないかと思う会社が出てきてもなんの
不思議の有りません。

こんなところから、綻びが始まっていたりして?


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック