杏仁豆腐と常識

変なタイトルと思われるかもしれませんが、読めば納得です。それは、
3月2日の昼食時のことです。派遣先近くの中華のお店に入りました。
店内はいつもより客が多く、料理が出てくるまで、時間がかかってい
ました。その時、どやどやと中年に差し掛かるくらいの女性三人が入
ってきました。

この店は、昼食時のサービスとして、「ご自由にどうぞ」と書かれた杏
仁豆腐が一つの売り物になっています。私が入店した時には、大きめ
のボウルにどっさりと入っていて、はやめに食事に来た人たちは、杏仁
豆腐のお代わりをしています。

それでも、ボウルが大きいので、具はどっさりと残っていました。

その時です。
先ほどの中年間近の女性の一人が、杏仁豆腐をよそり始めました。
そのよそり方に、私は唖然!!!!!としてしまいました。
少し大きめのオタマで掬うのですが、汁を切って具だけを次々にカップ
に入れ、そのカップから具がはみ出そうなほどにもって、やっと次のカ
ップに移り、そのカップも次のカップもその次のカップも、同じように汁
を切りつつ、具だけを盛り続けました。

ついに四カップよそり終わった後には、ボウルの中には杏仁豆腐が、
汁の中にわずか泳いでいる状態になっていたのです。

この行動を見ていた別の客と、目が合いました。
「この非常識メ」とその客の目が語っていました。
当然私の目も同じように語っていました。まったく、なんという恥知ら
ずなのでしょう。飲食店のサービスを、独り占めしてしまったことに対
する恥じらいは、これっぽっちも見られません。

マナー違反もここまでくれば、犯罪と言ってもいいでしょう。
こんな親に育てられたら、その子供も恥知らずのまま成人するのかと
思うと、将来は暗澹としたものに思えてしまいます。

場所は、たまプラーザ駅から数分の二階にあるお店です。
この光景を見たら、きっと『なにこれ!珍百景』に投稿したくなるでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック