山田孝男伝説 その二

山田孝男氏の業績で一番ポピュラーなものと言えば、SMCの
名で知られる「シルバ・マインド・コントロール」の講師としてのもの
でしょう。 オウム真理教の悪影響を避けるためか、今はシルバ
・メソッドと名称をかえていますが・・・・。   日本における講師
の第一号ではありませんが、他の講師を受講しても満足感を得
られなかった人でも、SMCのシステムである格安の再受講シス
テムで、山田氏の講座を受講すると、目から鱗が落ちるように、
格段に理解度が深まることで有名でした。

それは、「その一」で述べたように、SMCだけの知識だけでなく、
各種の意識に関する貪欲な知識欲と体験に裏付けられた、確か
な指導力の賜物であったと思います。
カリキュラム化するのは、欧米の得意技ですが、受講者各人の
現在の習得状況を、確実かつ的確に把握・指導する能力が有っ
たればこその業績であると判断します。

SMCの講座そのものは、まだ続けられているようですが、過去
の隆盛は望むべくもないほどで、現在では、知る人ぞ知る程度の
規模で継続されているようです。

それと言うのも、システムとしてのSMCは、ビジネスであってそれ
以上の存在ではありませんでした。しかし、山田孝男と言う一種の
カリスマ的講師の存在が、SMCの普及に貢献したことは、言を俟
ちません。それほどの講師でしたから、SMCのビジネス的な面で
の収益の謂わば上納金にあたる本部に収める割合の高さに、これ
は精神世界の講座として、長く続けるべきではないとの判断からか
講師を辞めてしまいました。

私たちに取っては大きな損失でしたが、今考えれば妥当な決断で
あったと思います。

山田孝男伝説 その三、に続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

A
2011年05月15日 13:44
こんにちは
私は山田氏と20数年のお付き合いがありましたが、SMCはやめてしまった訳ではなく、その後もやられております。2003年の7月に亡くなられたのですが、2003年の4月にSMC教えていて、7月も講習の予定だったのが、突然亡くなられたということです。

この記事へのトラックバック

  • 山田孝男伝説 その12

    Excerpt: 山田孝男氏の講座に共通するもの、それは、話術ですと以前のブログ にも書きましたが、特別な話術でないことも、やはり、以前に書きました。 では、何が違うのでしょうか。それは、声の調子によるところが大き.. Weblog: つづれ折りの坂道から racked: 2012-06-10 01:25