週刊新潮の勇み足

15日に売り出した水嶋ヒロの「KAGEROU」について、16日発売の
週刊新潮は、中吊り広告にかなり批判的な、そして、皮肉めいた嫌ら
しい表現を掲載しています。(12月23日号)

曰く、「これで賞金2000万円なら私も億万長者!」「日本中の作家志
望者を勇気づけた・・・」と、誠に辛辣な表現をしています。
発売日の前に広告は用意されているわけですから、少なくとも二日前
に、広告の原稿は完成していることになります。

ということは、本を全然読んでいない段階で、批判記事広告を作成して
いるのですから、なにをかいわんやですね。
新潮社は自社でも各種の文学賞を主催していますが、こんな情けない
週刊誌を出さなくてはいけない理由でもあるのでしょうか。

まったくもって品性下劣な行為と言わねばなりません。
出版関係ですから、他所より早く出版物を入手することは可能でしょう。
それであっても、今回の広告記事はいただけません。

これは、大BINGOを引き当てたポプラ社に対するやっかみと取られても
いたしかたない行為です。
それなりに有名な出版社である新潮社なのですから、もっと品位を持って
頂かなければなりません。

決して、週刊ポストの体質にまで下落してはなりません。
関係者の猛省を必要とすることはもとより、水嶋ヒロ氏およびポプラ社、
そして、不愉快な記事を否応なく見させられた国民に対して、謝罪を
しなさい。

それくらい、今回の行為は酷いものであるとの認識を持ちなさい。
と、私は、思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック