つづれ折りの坂道から

アクセスカウンタ

zoom RSS Mr.Children - 新型プロモーション?

<<   作成日時 : 2010/11/30 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Mr.Childrenの新作アルバムが、12月1日に発売されます。と
ころが、こんな間際になったのに、一向にTVではCMがながれ
ません。昔ほどTV嫌いではなくなったと思っていますが、今回
のプローモーションの少なさはどうしたのでしょう。

彼らは現在のJ-POPシーンにおいて、確固たる地位を築いて
いて、間違いなく売れているグループです。CDの販売枚数も
他のアーティストほどには落ち込んでいませんし、コンサートは
ファンクラブに入っている人でも入手困難な状況です。

今回のアルバム発売に先立ち、各地の小さな会場でコンサート
を開き、その様子を記録した画像をDVDとしてリリースしました。
もしかすると、この手法が新型プロモーションだったのではと思
える節が、そのDVDについての彼らのコメントから類推できる
のです。そのコメントは、最新のFAンクラブ向け会報に掲載され
ています。

なにしろ、固定したことは大嫌いで、新し物好きのリーダーと、
プロデューサーのコンビですから、飽きる前に新機軸を打ち出す
ことは十分に考えられます。
ただ、ここで一つ苦言を呈したいと思います。
新しいことにチャレンジすること自体は、もちろんウエルカムです
が、そこにはファンを大切にすることを第一義として考えて貰いた
いという前提があります。

過去からの活動の中で、どうしても自分たちの論理が優先してい
たと思われる行動がいくつかあります。それでもファンはありがた
いもので、しっかりとついてきてくれています。
しかし、コアなファンは極めて一部であり、大多数のファンは、そこ
までの忍耐に耐えうるだけの熱狂度は有りません。

一般のファンに対しての感謝の気持ちを前面に打ち出すのが、ア
ーティストのファンデメンタルとするべき事項ではないでしょうか。
あまりに謎かけが過ぎると、それはただ単にファンを焦らす行動に
過ぎません。

間もなくデビュー20周年、社会的責任を帯びたグループとしての
意識を持って、社会人の範たる行動をベースにした展開を期待し
てやみません。それだけの公的対場になってしまった存在感を、
正面から受け止めてほしいと思うのは、ファンを外から見ている
大多数の一般人だということを認識してください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Mr.Children - 新型プロモーション? つづれ折りの坂道から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる