つづれ折りの坂道から

アクセスカウンタ

zoom RSS 小説を書こう! -2

<<   作成日時 : 2018/01/08 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小説を書くという行為は、自己満足でありながら、実は自己満足をしてはいけない世界です。
最初から矛盾したことを言っていますが、内容については自己満足をしてはいけないのです。
自己満足してよいのは、書くという行為そのものに対してです。

13年前に書きあげた(と思っていた)小説は、57,000文字強で、原稿用紙にして140枚強でしたから、とても一冊の本に成るほどの分量ではありません。いわゆる[中編]程度です。
この程度の文章量では、作家の門を叩くことさえできません。

でも、一般人の目からすれば、原稿用紙を見ただけで敬遠するわけですから、沢山書けるんですねぇとなります。
物事は、一事が万事で、ネガティブに見るかポジティブに見るかでその後の行動が決まってしまいます。
始めたばかりの時に、ネガティブな面ばかり見ていたら物事は何も進みませんから、多少自分に催眠をかけるつもりで、「こんなに書けたんだから、もっと書けるはず」と自分の士気を鼓舞します。

そして、その結果、思いッきりエロに振った小説から極限まで高尚にと意気込んでみた小説までを、手あたり次第書きこんでみました。中身はもちろん駄作ばかりなのですが、書き続けていくにつれ、ネタを磨くということが出来るようになってくるんですね。
そうすると、途中までしか書けていない文章を読み返して、「オッ、これ使える!」と思うネタが結構あったんです。

そうした行きつ戻りつの効率の悪い生産ながら、少しずつ自分の書ける分野が固まってきました。
それが、心理とSFを合体させたストーリーという形に成ってきました。
書きあげた(と思っていた)と書いたのは、実はかなり中途半端なまま、強引に最後をまとめてしまったからなんですね。

そして、今年、新作を書き始めました。
いずれ、或る程度まとまったら、別のブログサイトを立ち上げて、小説発表の場にしていこうと思っています。
すでに、毎回1,000文字程度の連載として、50回分程度は書きあがっています。
せめて、100回分できれば150回分くらいの小説になったらいいなと思いながら書き綴っている毎日です。

出来上がったらサイト名を公表します。皆さんのお力を借りて、つまらない点や面白いと思った点などを、教えてお頂きたいという構想があります。
その時は、よろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小説を書こう! -2 つづれ折りの坂道から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる