つづれ折りの坂道から

アクセスカウンタ

zoom RSS 男性の趣味本-鉄道雑誌

<<   作成日時 : 2017/04/30 01:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

鉄道雑誌は、非常に多彩な切り口を持っています。
そして、その切り口ごとに、雑誌が用意されています。
総合情報誌としては、一も二もなく「鉄道ジャーナル」でしょう。東京駅丸の内や八重洲の本屋に行くと、発売日にはうずたかく積み上げられていますが、JR東日本やJR東海の社員のみならず、鉄道関連の企業で働く方々が買い求めるので、それだけの部数が簡単に安定的にはけてしまいます。
これに続くのが、鉄道ファンでしょう。

どの業界でも、「ジャーナル」「ファン」はお約束のネーミングですね。

続いて、車両形式にこだわっているのが「鉄道ピクトリアル」です。
デビューしたての車両の記事はもちろんのこと、旧形式での車両を回想する記事も掲載されています。
また、車両運用の詳細な計画なども、いわゆる「鉄っちゃん」でなければ、興味さえわかないような代物ですが、オタクにとってはまさにバイブル的存在の記事です。

もっとオタク的な雑誌と言えば、「ダイヤ情報」でしょうね。
その名の通り、鉄道ダイヤを詳細に説明します。これで記事にしてしまうところが凄いです。
地道な車両研究の記事があり、興味を一度持ってしまったら、際限のない深みにはまっていく鉄道趣味の入り口的存在の雑誌と言えます。

一方、「旅と鉄道」は、鉄道ジャーナルの別冊として準定期刊行物として出版されていた雑誌ですが、経営母体の変動によって、今は朝日新聞社から発行されています。

忘れてならないのが、「j train」です。
前回取り上げた航空雑誌でも存在感を示している「AirLine」誌を発行してるイカロス出版が発行元で、この雑誌は季刊誌です。ですがすでに60号を超えていますので、15年以上の歴史を持っていることになります。

どちらにしても、飛行機とは違い、運行会社も多いし、都市路線とローカル路線といった切り口や、頻繁に発表される新車情報など、話題には事欠かない分野だけに、情報に飢えた読み手がごまんといますので、まだまだ新しいジャンルでの参入があると思わせる活気ある業界です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
男性の趣味本-鉄道雑誌 つづれ折りの坂道から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる