つづれ折りの坂道から

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜線アナウンス

<<   作成日時 : 2017/04/28 01:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

つい先日のこと、横浜線町田駅、上りホーム。
英語放送が変わりました。
一番線をなんと言うか。TRACK ONE と言っています。
黄色い線の内側でお待ちください。 Please stand behind the yellow line

少し前までの放送と違って、語尾が鼻に抜ける発音なのが特徴です。
今では、電車の中でも英語の自動放送が当たり前になり、緊急停止の時でも、英語放送が流れるようになりました。しかし、日本語の緊急停止放送でさえ、がくんと速度を落ちし始めた瞬間より遅いので、英語放送が流れだしたときは、もう電車は大方停止状態になっています。

でも、放送があるとないとでは大違い。
内容的には、どちらも「緊急停止します。吊革、手すりにおつかまりください。」と言ってるだけなので、停まった原因については触れていません。当たり前ですが。

一番改善されたのは、電車の遅延情報表示でしょう。
最初の頃は、日本語表記ではかなり詳しく状況を表示していても、英語となるととても短い文章でした。
その最たるものは、上下どちらの方向に支障があるかさえ、書いてありませんでした。
しかし今では、しっかりとInbound Outbound の表記があります。

異音は「Sound」と簡単ながら、すぐにわかる表記に改良されています。
初期の頃、直接、JRにメールで、「こんなに簡単でいいの?」と質問した時があります。
このときは、「これで十分」的な返事でしたが、こうやって変更してくることを見てみると、内部ではもっと改善したいと思っていたのでしょうね。

次のアナウンスは、どんなふうに変化するのでしょうね。
とても、楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜線アナウンス つづれ折りの坂道から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる