つづれ折りの坂道から

アクセスカウンタ

zoom RSS キャノン50万円超デジカメ一眼レフボディ発売

<<   作成日時 : 2015/02/23 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

キャノンのプロ/ハイアマチュア向けフルサイズデジタル一眼レ
カメラ「EOS 5Ds R」が発表になりました。。有効約5060万画素の
イメージセンサーを搭載したローパスレス仕様のモデルです。
そして、驚きなのがその価格です。なんと、直販価格は537,84
0円もするんです。ボディーだけでですよ!!!!!

同時発表の「EOS 5Ds」から、ローパスフィルターを省き、解像度
を高めたモデル。映像エンジン2基の「デュアルDIGIC 6」を内蔵
し、最高約5コマ/秒の高速連写や、常用の最高がISO 6400(拡
張ISO 12800)の高感度撮影に対応。カム駆動方式の「ミラー振
動制御システム」を採用。約1.3倍(約3050万画素)と約1.6倍(約
1960万画素)の「クロップ撮影」機能を搭載。AFシステムは、61点
の高密度レティクルAFも搭載。背面液晶モニターは3.2型。CF
カードとSD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)に対応する
2つのスロットを装備。本体サイズは、152(幅)×116.4(高さ)×
76.4(奥行)mm、重量は約930g。

これらの諸元を見ると、高感度撮影が物足りないですね。常用で
6400?せめて、25600ぐらいを謳って欲しかったですよ。画素
数が極端に多くなっていますから、高速連写の数値毎秒5コマは
、まぁ、ぼちぼちってとこですね。ここまで数値を上げると、もうそろ
そろ「これ以上はいらないんじゃない?」と思えてきます。実際、こ
の高精細な画像を獲得するだけのレンズが何本存在するんでし
ょうか。

これに見合う新シリーズのレンズ群は、きっととんでもなく高くなる
んでしょうが、最低でも100万越えなんていうプレミアムシリーズ
を準備していたとしたら、ハイアマチュアやプロカメラマンは大変
ですね。でも、キャノンはそこらへんが商売が下手ですね。
ニコンはその点、上手に消費者をてなづけるタイプですから、もっ
と地道に価格を上げてくると思います。

どちらにしても、銀塩フィルムの画素数が約2000万なので、デジ
タルは?なんて言っていたのは、もう過去の話になりましたね。そ
れだけに、これからはどう特色を出していくかが、カメラメーカー生
き残りのキーとなることは間違いありません。すでに、いつもユニ
ークさでは他の追随を許さないカシオから、新提案が有りました。
この話は、また別稿で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キャノン50万円超デジカメ一眼レフボディ発売 つづれ折りの坂道から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる